住まいの提案、岐阜。 vol.10 (P60〜)掲載情報

(株)OHKENハウス

家族の「好き」を素敵にコーディネイトした
アーバンカジュアルハウス

アメリカンカジュアル、和のぬくもり、アーバンな落ち着きと、いろんなテイストがバランス良く調和しているA邸は、粋なこだわりとコーディネイトが光るシンプルで清潔で機能美満点の住まいです。

 「何を言っても、一度も”ムリ“って言われなかったんですよ」。OHKENに決めた理由を、奥様はそう話します。昔からファッションやインテリアが大好きで「せっかく建てるのだから、家も自分たちの好みに合うものにしたい」と、雑誌やネットを熱心にチェックしていたとか。そんな奥様のリクエストは、「玄関を入ってすぐに手を洗えるようにしたい」「リビング内階段はNGだけど、リビングから玄関や階段が見えるように」「動線重視」「この木枠の小窓を付けて」「キッチンの壁に、このタイル」「カウンター側面は収納棚で、扉にはこのボード。取っ手は付けず、ボード幅に合わせて扉を作って」「リビングの窓の上には、装飾用の木枠を付けたい」「照明とスイッチは、これ」「ガルバリウムはこの色」などなど、山のようにありました。
 自由設計とはいえ、仕様や選択肢が限定される会社も多い中、要望に丁寧に耳を傾けて、実現する方法を一生懸命考えてくれたのがOHKENだったのです。ご主人のお友達がOHKENで家を建てたことから存在を知り、候補の一つにしていたものの「他のところも良く見えて迷った」そうですが、最終的には、誠実な対応と、会社の人たちの温かい人柄に惹かれて決心しました。「何でもそのままハイハイじゃなくて、プロの計算と技で、ちゃんとバランスや使い勝手を考えてくれて、よりレベルアップしていった感じ」と奥様。参加型の家づくりは大成功だったようです。 ……続きは誌面でどうぞ

軒を広くし、夏の強い日差しが室内に差し込まないよう計算されている。道路側からの視線を避け、視界の開けた南面を効果的に活用した。

木色と白い塗り壁が形づくる清潔感あふれる玄関。床のヘリンボーンの木目と、帰ってすぐに手洗いできる洗面所が印象的だ。

アイボリーと茶とネイビーを基調にしたカジュアルシックなリビング。シンブルな機能美と、ちょっとした遊び心が溶け合っている。

作り付けのTVボードと凹凸のある壁面、玄関スペースを見渡せる木枠の窓が空間を温かく演出。窓上部に吊された木枠は「装飾用に」と奥様が発案した。

1階は、家族がどこにいても、ほぼ全てに目が届く子育て世代にうれしい設計。キッチンカウンターの壁面など、収納スペースも随所にある。

キッチンからは、最小限の動きでテーブルにも奥の水回りにも玄関にも行ける。効率を重視した回遊性の動線設計に「暮らしやすい」「楽しい」と大満足。

キッチン奥の壁には、奥様が探した白いタイルを使用。黒い目地がシンプルなタイルを引き立てている。壁の背面は通路になっており、ぐるぐる回れる造り。

シンクのカウンター下には、小棚を設置。奥様の定位置だけに、使い勝手の良さと視界の広さを十分吟味した。

ビルダー情報

会社名 (株)OHKENハウス
代表者名 代表取締役社長 大久保 堅司
建築業許可番号 建築業許可/岐阜県知事認可(般-26)第101374号、宅地建物取引業者免許証番号/岐阜県知事(3)4286号
所在地 〒5040945 岐阜県各務原市那加日新町6丁目22番地
電話番号 0120-055-406 FAX番号 058-380-6569
営業時間 定休日
設立 資本金 300万円
業務内容 一般建築業・リフォーム業・外構業・不動産業
取扱い工法 在来工法、2×4工法、鉄骨・RC
価格の目安 平均的坪単価 40万円未満?80万円以上
アフター保証 日本住宅保証検査機構(JIO)
取扱いエリア
取扱い坪単価 施工実績
ホームページ http://www.ohken.info
▲ページの先頭へ