住まいの提案、北海道。 vol.43 (P70〜)掲載情報

(株)ecoaハウス(エコアハウス)

暮らしの中心リビングは、
思い出のホテルをイメージして。

 古くからの住宅地で、車の抜け道としても利用される中通り。43坪の敷地いっぱいに建てられた住まいは、ビルトインガレージを備えた一見オーソドックスなデザインだ。しかし、リビングのある2階部分は外部の喧噪から一呼吸おくよう二重壁構造とするなど、さまざまな工夫が凝らされている。
 IT関連の会社を経営するご主人と奥さま、長男長女の4人家族。この土地を見つけた際、自分たちがここでどんな暮らしをしたいのか、徹底的に検討したという。その理想を落とし込んだ図面を自らつくりハウスメーカーを回ったところ、最大の理解を示したのがエコアハウスだった。
 住まいづくりのポイントは、予算や敷地など限られた条件のなか、こだわるところ、割り切るところ、ビルダーに任せるところ、この3つを明確にした点にある。たとえば外構を割り切ったぶん、居住性にこだわるといった具合に。ご主人いわく「僕のシミュレーションでは日々外観を眺める時間は5秒程度。だったら建物の回りは砂利にして、外壁もコストと耐久性を重視。浮いたお金をリビングの造作に充てました」。職業柄か、この合理的かつ整理された考えが、悔いのない住まいづくりへと導いたのである。

建物正面を凹ませて落ち着きのある玄関ポーチに。ガレージから直接ポーチへ出入りできる。

階上で待つサプライズのために、1階の廊下はあえてダークな雰囲気に。<br />
子ども部屋の開口部には欄間を設け、さりげなく気配が伝わるように。

梁と柱をあらわしにした吹き抜けは、重厚かつ開放的な印象。

異国情緒が漂う個性的な吹き抜け空間が、最大の見せ場であり癒しの源。L型に配したバルコニーは内と外の中間領域として楽しめる。

家電や食器を壁面のキャビネットに収め、すっきり整えたダイニングキッチン。

ロフトの広さは約20帖。ここに籠って本を読むのも楽しいひとときだ。

気分転換には最適のバルコニー。屋根付きなのでゴミの一時保管にも便利。

ビルダー情報

会社名 (株)ecoaハウス(エコアハウス)
代表者名 菊池 利夫
建築業許可番号 北海道知事登録(般-24)石第20920号
所在地 〒0660028 北海道千歳市花園2丁目1番5号(サーモンパーク横)
電話番号 0120-018-935 FAX番号 0123-22-1403
営業時間 定休日
設立 1994年6月 資本金
業務内容 住宅の設計・施工、不動産販売・仲介・管理
取扱い工法 在来軸組工法、新在来工法、枠組壁工法、スチールハウス、RC工法 他
価格の目安 取扱い坪単価 40万円未満、40〜80万円未満、80万円以上
アフター保証 保証制度(自社)20年保証。各保証機構登録店。施工時7度の現場検査。竣工後、気密測定、化学物質測定を全棟実施。他
取扱いエリア
取扱い坪単価 施工実績
ホームページ http://www.jinde.co.jp
▲ページの先頭へ