住まいの提案、北海道。 vol.49 (P66〜)掲載情報

HS DESIGN(株)

カーポートの奥に開ける
木のぬくもりが心地よい住まい。

 「娘は将来大きくなったら設計士さんに、息子は大工さんになりたいっていうんですよ」。そういってこの家のご主人、Hさんは微笑んだ。わが家が完成してから丸1年。小学生のお子さんたちにとっても、住まいづくりの光景は心に残る思い出となった。家族の一員であるかのように何でも親身に相談できる設計士と、手際よく木を扱い家を建てるカッコいい大工。プロの仕事は、幼心にも憧れとなって映ったに違いない。
 ご主人の職場は転勤が多く、家族みんなで道内を移動してきた。札幌に家を持とうと考えたのは、お子さんが小学生になり、この先、転校せずに暮らせる家族の「拠点」がほしかったからだ。大手ハウスメーカーや地元の工務店など多くの会社を見るうち、無垢の木が醸す豊かさに魅せられる。HS DESIGNと出会ったのはそんなときだった。雑誌で紹介されていた家が目にとまり、見学を申し込んだのである。
 木をふんだんに使った上質な空間、シンプルで洗練されたデザイン。そこは同社専属の大工が自ら施工した自分の家だった。社長の城下秀樹さんによる住み手のライフスタイルを反映させたプランニングとていねいな大工仕事の連携に、Hさんご夫婦はたちまち虜になったのだ。「その晩、妻と話して家もいいし、人柄もいいこの会社を信頼してお任せしよう、と。見学中も城下さんは適度に放っておいてくれ、逆にこちらが質問するとこだわりなどを熱心に教えてくれて。押しつけない、でも静かな自信に満ちている。そんな接客にも好感が持てました」。 ……続きは誌面でどうぞ

カーポートの後ろはタイルを敷いた中庭空間。リビングに面した縁側風のデッキに腰かけてくつろぐのも楽しい。

下足箱の他、土間続きにウォークインスタイルのクロークがあり、玄関はすっきり。

踊り場から玄関ホールが見える。家族のプライベートを尊重した階段。

無垢のフロアが心地よいリビング。隣の樹木を切り取るように設けた小窓が印象的。

天井高280cmののびやかさと、目にやさしく素足に心地よいナラの床が自慢のリビング。南向きの大きな窓が開放感をもたらしてくれる。

LDKから玄関ホールへの眺め。中庭を視界に入れながら歩くのも楽しい。

キッチンカウンターには飾り棚を造作。テーブルの後ろにはパソコンを設置したワークスペース、食器や家電はすべて引き戸の中に。

造り付けのデスクカウンターと書棚を設けた子供部屋。

ビルダー情報

会社名 HS DESIGN(株)
代表者名 代表取締役 城下 秀樹
建築業許可番号 建設業登録/北海道知事許(般-22)石第20514号、二級建築士事務所登録/(石)第4587号
所在地 〒0028062 北海道札幌市北区拓北2条2丁目8 -1
電話番号 011-299-2300 FAX番号 011-299-2300
営業時間 定休日
設立 2010年3月 資本金 500万円
業務内容 個人住宅の建築設計、施工、監理一般リフォーム設計、 施工、監理、造作家具、インテリア設計デザイン
取扱い工法 木造在来工法、ツーバイフォー工法、外断熱工法
価格の目安 平均的坪単価 40〜70万円未満
アフター保証 構造躯体の保証は10年間(自社)、JIOによる瑕疵担保責任保険、完成保証制度導入、お引渡し後、随時実施しております
取扱いエリア
取扱い坪単価 施工実績
ホームページ http://www.hsdesign.co.jp/
▲ページの先頭へ