住まいの提案、北海道。 vol.49 (P60〜)掲載情報

iD 広瀬技建

40年の東京生活から北海道へUターン。
心地よい平家で始める新たなシニアライフ。

 百坪を超える敷地に悠々と建つ平家の住まい。日当りのいい前庭とゆとりの広さを確保した車寄せ、エントランスの階段脇にはスロープが設けられている。この家に住むのは60代半ばの女性・Hさんと、5歳年上のお兄さん。それぞれの伴侶を見送ってから数年が経ち、仲のいい兄と妹が互いに介護をし合うつもりで建てた家だ。
 Hさんはそれまで40年間東京で生活し、近くには娘さん家族も暮らしていた。そうしたなか、ご主人の七回忌を済ませ、その先の人生を考えたとき、都会の住まいから北海道に家を建てて暮らす道を選んだのだ。「もともとは北見出身ということもあり、四季豊かな環境でのんびり老後を過ごすのも悪くないかなと。兄には私から声をかけたんです。北海道に移住しようと思うんだけど、いっしょに住まない?って。北見で暮らす兄の様子見に東京から通っていた時期もあり、終の住処を建てるならいっそ兄と同居し、どっちが先に倒れてもお互い面倒みようねと。子どもに世話をかけるより、気が楽ですし」。
 新天地を千歳市と決めたのは、空港に近く東京の娘さんと行き来するのに便利だったから。さらに、お兄さんの娘さん家族も千歳におり北見にいるときよりぐっと近くなる。こうして、兄妹ともに千歳の住人となり、この7月から新生活をスタートさせたのである。 ……続きは誌面でどうぞ

階段の脇にはスロープを設け、車椅子に対応。

リビングから出入りできるウッドデッキ。庭を愛でるのに楽しい空間だ。

リビングを中心にオープンにつくられた住空間。玄関、ダイニング、寝室、水回り、それぞれを結ぶ動線がゆったり確保され車椅子がスムーズに動けるよう配慮。

リビングを中心にオープンにつくられた住空間。玄関、ダイニング、寝室、水回り、それぞれを結ぶ動線がゆったり確保され車椅子がスムーズに動けるよう配慮。

庭に面した大開口から自然光がたっぷり。ソファから庭の景色が楽しめる。

リビング続きの和室には、お姉さんが使っていたという桐のタンスが置かれている。

リビングとほどよくつながりながら、心地よい独立感を持たせたダイニングキッチン。

ハワイが大好きだというHさん。手づくりのリボンレイがトイレ空間を楽しく。

ビルダー情報

会社名 iD 広瀬技建
代表者名 代表取締役 廣瀬 元一
建築業許可番号 建設業許可/北海道知事許可(般-27)オ第1380号、二級建築士事務所/北海道知登録(オホ)第928号、宅建業免許番号/北海道知事オホ(3)第335号
所在地 〒0900825 北海道北見市無加川町396番地10
電話番号 0157-25-7836 FAX番号 0157-25-7837
営業時間 定休日
設立 平成7年2月 資本金 1,000万円
業務内容 新築住宅、不動産取引(建売住宅、中古住宅売買、土地取引)、リフォーム工事
取扱い工法 2×4工法、2×6工法、木造軸組工法、その他(スーパーシェル工法)
価格の目安
アフター保証 JIO(日本住宅保証検査機構)の10年瑕疵担保責任保険に加入。アフターサービスの点検、補修も実施、お気軽に連絡をください。
取扱いエリア
取扱い坪単価 40万〜50万円未満 施工実績
ホームページ http://www.hirose-giken.com
▲ページの先頭へ