住まいの提案、北海道。 vol.53 (P60〜)掲載情報

(株)アシスト企画

愛着も、心地よさも、想像以上。
陽だまりのリビングにくつろぐ家。

 「家を持つことは夫婦の間で決めていました。子どもができてからはなおさら、環境のいいところで育てたいと思うようになったんです」。そう話すご主人と奥さまはもとからの戸建志向、土地探しと並行して自分たちに合うビルダーを探していた。理想は北国の気候風土をよく理解し、地域の事情にも詳しい地元工務店。雑誌やネットで情報をさぐり、数社の工務店に的を絞る。そのうちの一社がアシスト企画であり、モデルハウス見学や対話を重ねるうち好印象を抱くようになった。「アットホームな雰囲気があり、いつ訪ねても楽しそうな会社だと。同時に検討していた他社のこともまったく悪くいわないし、営業さんが営業っぽくないのも気が楽でした」と奥さま。同社は女性スタッフの比率が高く、営業4人のうち女性が3人を占める。ゴリ押ししてこないコミュニケーションスタイルにも安心でき、住まいづくりの相談はもちろん、生活者として女性同士で共感することも多かったという。
 アシストホームと出会ってから数カ月後には希望通りの土地も見つかった。落ち着いた住宅街にある敷地は北側道路に面しており、南側に向かって伸びる細長い形状だ。この特性を生かし、家族の集まるリビングはエントランスとは反対側のいちばん奥の陽あたりのいい場所へ。冬も暖かく、一日じゅう明るさに恵まれた住まいが完成した。 ……続きは誌面でどうぞ

玄関ホールからの眺め。いちばん奥の光あふれる場所がリビング。

玄関から土間続きの一室は、ご主人の趣味のアイテムが並ぶ「秘密基地」。

住まいの中心となるダイニングキッチンは家族団らんの場。ご主人の背後にあるトイレの壁を軸に、玄関、ユーティリティの回遊動線に。階段右手の白い扉がご主人の「秘密基地」。

住まいの中心となるダイニングキッチンは家族団らんの場。

吹き抜けの下に広がる陽だまりのリビングは、ふかふかのカーペットと床暖房の心地よさ。壁際に配したベンチは、好きな場所に思い思いに座ることができる。

ダイニングより床を30cm下げたリビングは、落ち着きのある特別な空間に。

吹き抜けに面した2階ホール。天井にも木を貼ってぬくもりを演出。

陽あたりのいいホールにはステンレスパイプを配して物干しスペースにも利用。

ビルダー情報

会社名 (株)アシスト企画
代表者名 代表取締役 岡本 勝
建築業許可番号 一級建築士:(石第3347号)、一般建築業:(般23石第14618号)、宅地建物取引業(石狩5第5812号)
所在地 〒0010925 北海道札幌市北区新川五条16丁目6-5
電話番号 011-764-5150 FAX番号 011-764-5965
営業時間 定休日
設立 平成4年2月 資本金 2,500万円
業務内容 企画・設計・販売
取扱い工法 木造軸組・RC工法
価格の目安
アフター保証 引き渡し後、定期点検を実施。建築中の完成保証付き(財団法人住宅保証機構)住宅瑕疵担保責任保険に加入。
取扱いエリア
取扱い坪単価 50〜60万円未満 施工実績
ホームページ http://www.assisthome.co.jp/
▲ページの先頭へ