住まいの提案、北海道。 vol.53 (P54〜)掲載情報

(株)マルワホーム企画

インテリア好きの奥さまの
センスとこだわりが光る住まい。

 正面を淡い色彩で塗り上げた外観は近隣との調和を意識して、目立ちすぎないようにとの配慮がなされたもの。そんなオーナーの心遣いを映す住まいは、潔い美しさとやさしい雰囲気を醸し出している。Sさんご家族がこの家で暮らしてから、まもなく3年。きれいに片付けられた空間は選び抜いた照明やこだわりの雑貨でセンスよく演出され、日々の暮らしへの愛着が伝わってくる。
 転勤族のご主人は2〜3年周期で移動があり、これまでは家族みんなで引越しを共にしてきた。子どもが小さいうちはまだよかったが、転校させるのは胸が痛む。長女が思春期を迎える前に家を建て、一箇所に落ち着きたい。こうした思いが住まいづくりへと駆り立てた。もともとインテリアが大好きという奥さまは社宅住まいで自由がきかなかった分、マイホームは自分の思い描く間取りで好きに演出してみたいと考えていた。そんなとき、雑誌で目にしたのがマルワホーム仲山社長の自邸だった。「小さな隠れ家のような空間や遊び心のある間取りがすてきだなぁと。それがきっかけでオープンハウス見学や、土地の相談をするようになったんです」。
 実際に契約するまでにはインターバルがあるが、その間、営業の菊池宏嗣さんがつかず離れずの距離感で土地探しをサポート。「希望したのは新興住宅街でなく町内会のしっかりした、少しずつ世代交代が進んでいくようなところ。私たちの思いを汲み取って情報交換を重ね、ていねいに対応してくれたことに誠意を感じました」。 ……続きは誌面でどうぞ

郵便ポスト、照明、表札プレートのすべてにこだわりが感じられ、わくわくしながら玄関へ。

パントリー側から見たキッチンとダイニング。アーチの壁が楽しい暮らしを想像させる。

キッチンに立ったときのリビングダイニングの眺め。テレビコーナーの上が吹き上げ天井に。右手にある部屋は引戸で仕切ることができる。

キッチンの側面を床と同じナラ材でカスタマイズすると同時に、カウンターを立ち上げて手元部分をカバー。食器類は背後の収納に、アーチの奥には広々パントリー&パーシャル庫。

ホールから入ると、お気に入りのコラベルタイルをあしらったラックが目に入る。

天井から吊るしたハンモックは姉弟のお気に入り。友だちが来たときは順番の列ができるほどの人気だとか。

姉弟の部屋にまたがるロフト。双方から出入りできる隠れ家的な空間。

ホールのトイレ横に手洗をつくり、ゲストにも使いやすく。

ビルダー情報

会社名 (株)マルワホーム企画
代表者名
建築業許可番号 建設業許可/建設業知事免許(石)第4014号 宅地建物取引業知事免許 石狩(10)第2930号 建築士事務所知事登録(石)第1942号
所在地 〒0010036 北海道札幌市北区北36条西8丁目1-1 マルワビル1F
電話番号 011-707-3111 FAX番号 011-707-2221
営業時間 定休日
設立 資本金
業務内容 建築・不動産
取扱い工法 木造在来工法、ツーバイ工法、2×6工法
価格の目安
アフター保証 自社保証、構造躯体及び雨水の浸入に対しての保証期間10年、仕上等2年、 また、第三者機関であるJIOによる性能保証、保険が適用されます。1年・2年の無料定期点検
取扱いエリア
取扱い坪単価 50〜60万円未満 施工実績
ホームページ http://www.maruwa-k.co.jp
▲ページの先頭へ