住まいの提案、石川。 vol.3 (P74〜)掲載情報

(株)セイダイ

全国でもトップレベルの高性能を誇る家づくり

 石川県で高性能の家づくりというと、どの建築会社が思い浮かぶだろう。「セイダイ」と答えたとしたら、なかなかの情報通だろう。それとも、家づくりを検討する方にとっては常識だろうか。
 全国の優れた省エネ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015」において、同社が特別優秀賞を受賞。しかも5期連続の栄誉であり、優秀企業賞との連続W受賞でもある。いずれも北陸では唯一という快挙だ。全国でもトップレベルの住宅性能が証明されたといえよう。
 独自に開発した高気密・高断熱のSHS工法は、次世代省エネ基準を大きくクリアする性能を発揮。四季を通じて快適な室温を保つ。エネルギー収支ゼロを実現する「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)」にも、創エネ設備(太陽光発電システムなど)で対応可能だ。
 「建物がしっかりしているという第一印象を受けました」というKさん。住む人の安全や健康、快適を守ることは、家づくりの絶対条件といえる。快適性能や耐震強度などハードの充実が、同社を検討する大きなきっかけになったそうだ。

広い土間の玄関から室内に上がる。適材適所の収納という要望もあり、玄関にもたっぷり設けてある。

リビング部分は平屋になっており、天井は片流れ屋根の勾配をいかしている。明るく開放的で、冬も夏も快適な室温が心地いいという。

玄関から和室、LDKまで一続きになる。大空間でも四季を通じて快適なのは、優れた性能のおかげ。

バーベキューやお子様の遊び場として、中庭をご要望。これからご主人自らが使いやすいように整備する予定。

リビングからダイニングキッチンを眺める。中庭から陽光がたっぷりと降り注ぐ。視覚的にも開放的。

中庭を挟んで、LDKと対峙する和室。奥に見える階段は、天井までの引き戸で仕切ることも可能。

使いやすく広いキッチンをご要望。廊下やダイニングも余裕がある。

キッチン横にはパントリーがあり、さらに階段下を利用した小さな収納がある。回遊できる家事動線や収納の配置が暮らしにフィットしているという。

階段下の一部を活用したトイレ。徹底してデッドスペースをつくらず、それでいて違和感のない空間構成。

ビルダー情報

会社名 (株)セイダイ
代表者名 代表取締役社長 寺谷 武史
建築業許可番号 石川県知事許可(般-22)第5115号
所在地 〒9208205 石川県金沢市大友1丁目100番地
電話番号 076-254-5510 FAX番号 076-254-5213
営業時間 定休日
設立 1977年 資本金 1,000万円
業務内容 住宅の新築・増改築の企画・設計・施工、商業施設の企画・設計・施工
取扱い工法 木造軸組工法(セイダイハウジングシステム工法)
価格の目安
アフター保証 定期点検(半年、1年、3年、5年、10年)
取扱いエリア 石川県全域、富山県高岡市、富山県砺波市
取扱い坪単価 約55万円〜60万円/坪単価 施工実績 年間約40棟
ホームページ http://www.seidai.jp
▲ページの先頭へ