住まいの提案、神奈川。 vol.12 (P36〜)掲載情報

陽の木ホーム/丸岡建興 (株)

自然を感じ
人生のこだわりを表現した家

 Kさんが望んでいたのは、光がスーッと差し込み、部屋を通り抜ける風でカーテンが揺れる──そんな自然と一体になれる空間だ。木はそのイメージに欠かせない要素。柱や梁には芯の部分が入った「芯持ち材」の天竜杉で安定感を出し、床は厚さ30mmの秋田杉の無垢材で木の風合いをふんだんに見せた。部屋との段差をなくしたウッドデッキのバルコニーをリビングの延長とし、屋外との一体感を演出。
 さらに集成材の造り付け家具でコントラストをつける。壁は漆喰の塗り方にこだわり、「風の流れ」のような、ゆったりとした動きのある模様で仕上げた。「私の理想そのものになりました。自慢のスペースです」とKさんは大満足の様子で話してくれた。

 「思い描いていた部屋はひとつだけではありません」とKさん。3階ではご自身がトレーナーを務める実践心理学のワークショップを開催するが、その準備がしやすいように、1階は浴室や洗面所、大きなウォークインクロゼットを設置。身だしなみを整える機能的空間にした。2階は、キッチンや寝室といった生活の場。つまりKさんのライフスタイルが、そのまま「家」という形になっているのだ。
 きずきホーム・岡部社長は「家に対するKさんのこだわりは、まさに人生に対するこだわりと感じました。それを表現するのは楽しい仕事でした」と笑顔で語り、Kさんもまた「これだけの想いをしっかりと理解し、実現してくれたことに感謝です」と話した。

この施工例の我が家マーク

他の実例と「我が家マーク」

目の前に広がる青空を堪能できるバルコニー。夜は照明効果でロマチックなムードに。

シューズボックスやドアなどのさまざまな木目が調和しさわやかな雰囲気に。

照明器具の配置や形にもこだわり、すみずみまでイメージ通りに仕上げた3階。

シーリングファンやペンダントライトで部屋のプロポーションを整えた。

造り付けの机ときずきホームお手製の丸太チェアでスタイリッシュな装いに。

ベンチシートの中は収納スペース。訪れた方の荷物を入れる場所となる。

くつろぎスペースのキッチン&リビングは淡いピンクで優しい雰囲気に。

ピンクの差し色が効いたプライベートスペースは造り付け家具で機能的な配置を実現。

スライド式ドアを開けると開放感たっぷりの大きなワンルームに様変わり。

お気に入りのひとつである洗面所はイスに座ってメイクができる特別仕様。

トイレの一角に手洗い場を設置し、アクセントにKさんが作の陶器の桶を置く。

ビルダー情報

会社名 陽の木ホーム/丸岡建興 (株)
代表者名 代表取締役 岡部 太一
建築業許可番号 建設業/神奈川県知事許可(般-23)第49389号
所在地 〒2120007 神奈川県川崎市幸区河原町河原町3-4
電話番号 044-555-0652 FAX番号 044-544-7728
営業時間 定休日
設立 昭和63年8月 資本金 1,000万円
業務内容 建設業、外壁工事業
取扱い工法 木造軸組在来工法、通気断熱WB工法
価格の目安
アフター保証 ハウスジーメン、ホームリサーチハイクラス検査
取扱いエリア
取扱い坪単価 70万〜80万以上 施工実績
ホームページ http://www.kizuki-style.com
▲ページの先頭へ