住まいの提案、神奈川。 vol.15 (P42〜)掲載情報

きずきホーム/丸岡建興 (株)

風情ある古の家具と新材が調和
昔の家の面影を随所に残す自然美豊かな家

以前の住まいは築60年を超えた平屋。施主の祖母が建てた家だった。「暖房効率が悪く、冬は毎朝ダウンジャケットを来て台所に立っていたんですよ。でも今は快適! パジャマで動き回れます」。長年住み慣れた昔の家が好きだった施主は、その面影を随所に散りばめた家を新築した。自然素材で建てる工務店を希望し、インターネットで探すことに加え、ふと見つけた工務店にその場で立ち寄ったこともある。さらに新築を造りたいことを周囲に話し、情報も収集していた。「仕事場の人がいい会社があると教えてくれたんです。それが、きずきホームさん。まさに理想の工務店でした」。家の中に入ると、どこか懐かしい雰囲気が漂う。田舎のおばあちゃんの家に来たような、または山小屋で足休めをしているような、ほっと一息つける空間が広がる。前の家で使用していたという明治・大正時代の家具や装飾品と新しい木材の調和が美しい。「古い木は新しい木とも、うまく馴染むんですね。驚きました」と、思い出とともに過ごせることが嬉しそうな施主。 ……続きは誌面でどうぞ

重厚感ある庇は前の家と似た形。杉の梁を見せて力強さを感じさせている。

家の裏に建つシェアハウス入居者用花壇。グリーンが白壁の家に映える。

のれんの向こうは壁一面の収納スペース。息子さんの道具入れに役立っている。

各板にさまざまな木目がある床は、自然のデザインで空間に味わいを加える。一枚板のテーブルはきずきホームからプレゼントされたもの。

キッチンカウンターには杉と栗の木を使用。珍しい年輪の模様がお気に入りだとか。

少し高めにした天井は、広いリビングをさらに開放的に。和室との一体感ある間取りが広さを強調する。

それぞれに違う木目がハーモニーを奏でる1階。化粧柱は天竜檜で、木の優しさをプラス。

主寝室は勾配天井でダイナミックに梁を見せる。奥はウォークインクロゼット。

廊下にある収納棚は仏壇の上を踏まないようにきずきホームからの計らいの品。

ビルダー情報

会社名 きずきホーム/丸岡建興 (株)
代表者名 代表取締役 岡部 太一
建築業許可番号 建設業/神奈川県知事許可(般-23)第49389号
所在地 〒2120007 神奈川県川崎市幸区河原町河原町3-4
電話番号 044-555-0652 FAX番号 044-544-7728
営業時間 定休日
設立 昭和63年8月 資本金 1,000万円
業務内容 建設業、外壁工事業
取扱い工法 木造軸組在来工法、通気断熱WB工法
価格の目安
アフター保証 ハウスジーメン、ホームリサーチハイクラス検査
取扱いエリア
取扱い坪単価 70万〜80万以上 施工実績
ホームページ http://www.kizuki-style.com
▲ページの先頭へ