住まいの提案、神奈川。 vol.16 (P36〜)掲載情報

陽の木ホーム/丸岡建興 (株)

子どもの健やかな成長を願う親心を
匠の技で叶えた理想のアイデア住宅

富士山を望む小高い丘の上に建つI邸。この地は奥様の実家に近く、ご主人も昔から土地勘があった場所である。教師という職業柄、この地域の教育環境や治安を知っており、利便性も考慮すると好条件揃い。当初、建売物件を探していたが、ここなら土地から購入することにも抵抗はなかった。まず住居を建てる上で考えたのは、子どもの健康と成長だ。「土地は広くないけれど、のびのびと育って欲しい」と願う言葉通り、7歳と5歳、それに1歳の二男一女は育ち盛り。住環境は大切な要素となる。コンセプトは、木材をふんだんに使用した住宅であること。多感な時期に温かい家庭を、そしてその家庭を支える住まいは温もりある自然素材以外には考えられなかったそう。そこで出会ったのが、陽の木ホーム。他にも数社に掛け合ったが、空間を活用するアイデアは秀逸で、何よりも代表の人柄に惚れたという。それを最大限に表しているのは、リビングにそびえる檜の登り木だ。京都から一本丸ごと運び、プレゼントする粋な計らいは見事としか言いようがない。 ……続きは誌面でどうぞ

子どもたちの絶好の遊び場となっている檜の登り木。大人が登っても折れない強度があり、安全にも配慮されている。

吹き抜けにより、二階で遊ぶ子どもの様子が把握可能に。空間を一体化し、暮らしに安心感を生み出す。

光が溢れるリビングは、間仕切りがなく開放的。畳の小上がりとして、和の要素も取り入れている。

ピアノを置くスペースは、設計段階から計画済み。上部は棚を設けて、空間を余すところなく有効活用。

吹き抜けは天井が高く二階部分でも圧迫感がない。またニッチを設けるアイデアも光る。

子ども部屋は中央で仕切ることが可能。そのため窓も左右対称に設計されている。

スギの集成材と自作の磁器を使用した洗面台。こだわりと遊び心が見事に融合している。

自然素材で統一された玄関は、清潔感に溢れ、素材の持つ柔らかな雰囲気を醸している。

ビルダー情報

会社名 陽の木ホーム/丸岡建興 (株)
代表者名 代表取締役 岡部 太一
建築業許可番号 建設業/神奈川県知事許可(般-23)第49389号
所在地 〒2120007 神奈川県川崎市幸区河原町河原町3-4
電話番号 044-555-0652 FAX番号 044-544-7728
営業時間 定休日
設立 昭和63年8月 資本金 1,000万円
業務内容 建設業、外壁工事業
取扱い工法 木造軸組在来工法、通気断熱WB工法
価格の目安
アフター保証 ハウスジーメン、ホームリサーチハイクラス検査
取扱いエリア
取扱い坪単価 70万〜80万以上 施工実績
ホームページ http://www.kizuki-style.com
▲ページの先頭へ