住まいの提案、熊本。 vol.14 (P64〜)掲載情報

(有)村田工務店

46坪の平屋

村田工務店の心と技が詰まった現代和風の家。
玄関屋根には銅板葺き、外観廻りには丸太の柱が3本。
豪奢な造りで存在感のある一棟だ。

 「村田工務店さんに、家づくりを断られたらどうしようかと心配だった」と回想するのは、2017年1月、村田工務店で建てた新築の引き渡しの場でお会いした施主の西山さん。場所は玉名郡南関町。熊本市東区東野にある同社事務所から直線距離でも約50キロあり、同社の掲げる商圏1時間以内に該当しない地域だった。「長年住んできた築40年になる住まいについて、建替えかリノベーションがいいか村田工務店さんに相談した時、最初に下見で来てもらいました。その時、道に迷って事務所から私の家まで2時間近くかかったとのこと…それでも私は村田工務店さんに建ててほしかった」という。その後、棟梁や職人さんが移動する高速道路の代金を西山さんが負担することで契約が決まった。
 2016年5月に創業百年という節目を迎えた村田工務店。宮大工に始まり、4代目・村田英樹現社長まで「魂を刻む」手刻み工法を筆頭に伝統の技術と手法を守り続けてきた。さらに断熱材やエネルギーの最新技術を追求し、時代を先取りした高性能住宅の家づくりを手刻み工法で実現することに成功している。
 伝統技術の次世代への継承と共に、新しく登場した優れた技術は積極的に取り入れる。それが村田工務店のスタイルだ。 ……続きは誌面でどうぞ

丸太の柱が3本に化粧桁に化粧垂木。玄関屋根には銅板葺きと最高仕様。

格式高い造りの玄関。手すりに変木を使用。

勾配天井で開放感のある造りのLDK。隣り合わせの和室、主寝室をつなげて利用すると大人数も収容可。

リビング天井の丸太を使った見事な太鼓梁。丸太の側面を「なぐり」という伝統技法で仕上げている。

 

広縁もある純和風の造りの和室。

造作食器棚が見事なキッチン。奥さまの身長に合わせてワークトップの高さを調整。

キッチンそばの収納庫。梅干、梅酒やらっきょう漬けなどここに保管。震災後、水や食料の備蓄スペースが重宝されている。

ビルダー情報

会社名 (有)村田工務店
代表者名 代表取締役 村田 英樹
建築業許可番号 熊本県知事(般-23)第2452号、 設計事務所登録/第1456号、 宅建免許/熊本知事(11)第1407号
所在地 〒8612106 熊本県熊本市東区東野2丁目6番地1号
電話番号 096-367-0811 FAX番号 096-365-8426
営業時間 定休日
設立 大正5年5月 資本金 2,600万円
業務内容 建築設計施工、土木工事設計施工、分譲住宅 不動産売買斡旋、外構、造園、エクステリア ほか
取扱い工法 在来軸組・手刻み工法
価格の目安
アフター保証 J I O 住宅瑕疵担保保険(10年)、シロアリ保証(5年)、地盤保証、完成保証
取扱いエリア 熊本市、市近辺
取扱い坪単価 40〜50万円未満 施工実績 年間20棟
ホームページ http://www.k-murata.co.jp
▲ページの先頭へ