住まいnet信州 vol.28 (P78〜)掲載情報

工房信州の家 (株)フォレストコーポレーション

あそぶように暮らす

家とはどんな場所だろう。
家族を守り育むところ。
明日への鋭気を養うところ。
家族の歴史を刻み、未来へ夢を膨らませる場所。
だったら、家での毎日をもっと愉しめばいい。
たとえば、キャンプしているみたいに。
お日様の匂いをかいで、
風の歌や雨音の調べを聴いて、
マグカップから立つコーヒーの湯気に憩う。
夜には焚き火にあたりながら、
空を埋め尽くす星空にため息をもらす。
そんな暮らし方があっていいと思う。
完成。「あそぶように暮らすグランピングの家」

 片流れの屋根がシャープな印象の住まいです。洗練されたデザインに都会的なスマートさを思い近づいていくと、広々としたデッキ、そして大開口を介してデッキにフラットに連なり屋内まで大きく割り込んだ土間スペースに驚かされます。
 工房信州の家といえば、その代名詞の一つが「土間サロン」ですが、こんな間取りは見たことがありません。この家でそれは、リビングの延長というより暮らしの中心です。つまり、土間サロンやウッドデッキを含めた1階スペース全体がリビングでありダイニングなのです。
 なんと大胆な発想なのでしょう。外との境界を家の懐に迎えることで、家にいながらにして屋外の風や光や匂いを感じて過ごすことができます。休日だけでなく平日も、食事をしたり家族でくつろいだりする場所は土間サロンであり、デッキです。ときに焚き火の炎の揺らめきに心を添わせながら、あるいは夜空の星々の運行に時を忘れて。友だちを呼んでのパーティもきっと盛り上がるはずです。 ……続きは誌面でどうぞ

ウッドデッキが定位置の焚き火台に薪をくべると、夜気のなか、炎のぬくもりが体に目に心にじんわりと沁みる。家であそぶのがいい。わが家のある、ここがキャンプフィールドだ。

外の自然を積極的に内に引き込むため、大胆に家の中心に配した土間サロン。工房信州の家にお馴染みの空間で、また新たな可能性を開いた。

土間サロンを中心に、ウッドデッキを含めた1階スペースすべてがリビングであり、ダイニングである。県産の無垢材、自然素材を使いながらすっきりと質感高くまとめている。キッチン脇にはゴロ寝できるソファを置いた。

ステンレスの天板がクールなキッチンは、信州産カラマツを使った棚の風合いともマッチしてデザイン性が高い。コンパクトなスペースにL字型で機能性も抜群。

和室は和の伝統ある落ち着きを保ちながら、スマートで洗練された空間に仕上がっている。

ガラスの仕切りで、スッキリと視界が広がる洗面所とバスルーム。無垢材とシックな色の素材の組み合わせが、ラグジュアリーな雰囲気。

 

アウトドアブランド〝スノーピーク〟と提携し、アーバンアウトドアショップ〝Any+Forest〟を若里モデルハウスに併設した。

ビルダー情報

会社名 工房信州の家 (株)フォレストコーポレーション
代表者名
建築業許可番号 長野県知事(特-19)2990号
所在地 〒3960027 長野県伊那市ますみヶ丘7352-1
電話番号 0265-73-8333 FAX番号 0265-73-8061
営業時間 定休日
設立 資本金
業務内容
取扱い工法 エアパスソーラー工法
価格の目安 平均的坪単価 60〜80万円以上
アフター保証 お引渡し後の訪問(1・2・6ヵ月)と、定期点検(1・2・5・10年)
取扱いエリア
取扱い坪単価 施工実績
ホームページ http://www.kobo-shinshu.com
▲ページの先頭へ